方法


スポンサーサイト

スポンサー広告 ] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先頭 | TOP


MACDとスローストキャスティクス

FX最低限戦術 ] 

今回は「買い」サインを察知するための
ポピュラーかつ単純かつ結構精度の高い
方法をご紹介します。

MACDスローストキャスティクス
組み合わせた方法です。
MACDオシレーター系の指標とも言われますが
やはりトレンド系として使ったほうが
役立つのではないでしょうか。

MACDとシグナル線のお話は以前いたしましたが
大事なのはこれをどう見るかですよね。

とはいうものの見方はきわめて単純です。

MACDのグラフとシグナル線
ゴールデンクロスしていれば
それが買いサインです。

ゴールデンクロス、つまり、
下降していたMACDのグラフが上昇へと転じ、
更にシグナル線を下から上へ貫いた場所ですね。

ただMACDだけですと、
はっきりしたトレンドが出ている場合は
とても分かりやすいのですが
もち合い相場のときはどうもはっきりせず
迷ってしまいます。

そこでMACDゴールデンクロスを見つけたら
次にオシレーター系の指標、
即ちスローストキャスティクスを確認します。

ここでスローストキャスティクスが15%を
下回っているようなら、明らかに売られすぎ。

つまり買いのサインということです。

MACDスローストキャスティクス両方の
サインを確認するようにすれば
かなり勝つ確率も高くなることでしょう。

どうでしょう?単純ですよね?

更なる戦術は・・・・・

無料配布中のFX戦術マニュアルをご覧ください!
スポンサーサイト
先頭 | TOP




| このページの先頭へ |

☆☆☆

ブログ内検索

☆☆☆

FC2 Blog Ranking

ブログ王



ブログランキング

にほんブログ村 為替ブログへ

ブログランキングranQ

ブログランキング

FX

  • seo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。