方法


スポンサーサイト

スポンサー広告 ] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先頭 | TOP


損切り(ストップロスオーダー)で売りタイミングをつかむ

FX最低限戦術 ] 

FX戦術中最重要だと思います。

損切りストップロスオーダー

これを利用した
トレイリングストップ
です。
損切りストップロスオーダーとは
現在の値よりも○○円下がったら売ってしまう、
というものです。

具体的に何円かは長期、中期、短期のどんなスパンで
トレードするかによります。
短期で1円の値動きは大きなものですが、
長期だと値段のぶれみたいなものですからね。

さて、FXにおいて大切なのは

「利益は大きく、損失は小さく」

ということです。

そして損切りストップロスオーダー
前もって出しておき、心理的抵抗を排除する、
というのは「FX勝率90%以上の方法って」でも
お話しました。
これによって「損失は小さく」の方は可能なわけです。

では「利益を大きく」の方はどうするのか。

ここで使う手法が

トレールまたはトレーリングストップ

と呼ばれるものです。
呼び名は変わっていますが
やることは損切りと同じです。

つまり保持している外貨の値上がりを追いかけるようにして
損切りに設定した値も上げていくわけです。

例えば
1ドル110円で買った→損切り109円に設定。
111円に上昇→損切り110円に再設定。
112円に上昇→損切り111円に再設定。
以下繰り返し。

こうしておけば不安に駆られて恣意的な値段で
売ってしまって利益拡大に失敗する、
ということが防げるわけです。

当然天井で売ることは無理ですが、
そこは利益拡大のためのコストと考えます。


以上のように前もってルールを決めておいて
トレードを淡々とこなすことを

システムトレード

といいますが、損切りストップロスオーダー)は
その最低限の手法だと考えられます。


スポンサーサイト
先頭 | TOP




| このページの先頭へ |

☆☆☆

ブログ内検索

☆☆☆

FC2 Blog Ranking

ブログ王



ブログランキング

にほんブログ村 為替ブログへ

ブログランキングranQ

ブログランキング

FX

  • seo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。